3・11甲状腺がん子ども基金3・11甲状腺がん子ども基金

ニュース

ひとりにさせない ~どこかにいるあなたへ

 2019.3.11

東日本大震災により亡くなられた方々に深く哀悼の意を表します。2019年3月8日現在、東日本大震災による死者は12都道県の1万5897人、行方不明者は2533人。復興庁が公表している「震災関連死」を合わせると、犠牲者は2万2131人と発表されています。そして今も、約3100人がプレハブ仮設住宅で過ごし、約5万2千人が避難生活を続けていると発表されています。
 3・11甲状腺がん子ども基金では、3月10日(日)に、日本女医会東京都支部連合会の御協力で、原発事故後の健康に関する悩みや不安を傾聴する、「1日無料電話相談」を実施しました。福島県県民健康調査で甲状腺がんと診断された方、福島県から避難された先で、甲状腺がんと診断された方からもお電話をいただきました。
 「ひとりで抱えてきた悩みを話して、とても気持ちが楽になった」
 「わかりやすく、甲状腺がんや結節について説明していただいて、安心できた」と言っていただきました。
今後も電話相談を開催していきます。お気軽にお電話ください。