3・11甲状腺がん子ども基金3・11甲状腺がん子ども基金

呼びかけ

  • 黒田洋一郎
    環境脳神経科学情報センター代表

    甲状腺ガンの子どもたちを支援することは、まず第一で肝心なことです。しかし甲状腺ガンは放射性ヨードの被曝が中心で、比較的早期に発症するため医学的データが出て来たのですが、「氷山の一角」と思われます。放射・・・ ( 2016.9.14 )

    続きを読む

  • 中村隆市
    放射能から子どもを守る企業と市民のネットワーク代表

    原発事故のあと、福島県の小児甲状腺がんが「数十倍」に増え、手術を受けた子どもの70%以上が、リンパ節に転移しており、肺への転移や再発なども報告されています。 この問題は、国民皆で考えるべき問題だと・・・ ( 2016.9.14 )

    続きを読む

  • 湯川れいこ
    音楽評論家・作詞家

    まだ放射能の被害など解らないことだらけだけれど、子どもの成長は待った無しです。 子どもたちの未来こそが、国の未来、人類の未来です。 まず自分たちの手と力で、出来ることからお手伝いしていきたいと思っ・・・ ( 2016.9.14 )

    続きを読む

  • 片岡輝美
    会津放射能情報センター、子ども脱被ばく裁判共同代表

    いのちを守り育むためには、事実を知る力と真実を見抜く力、そして本当に重要なことを見分ける力が必要です。しかし、これはひとりではできないこと。多くの心と知恵と思いを重ね、いのちを守る行動を起こしましょう・・・ ( 2016.9.14 )

    続きを読む

  • 神田香織
    講談師

    《「家族会」に続き「子ども基金」が設立。 突然理不尽な目にあわされた子どもさん達、 自分を責め続けている親御さん達、そして私たち応援団にとっても大きな大きな第一歩です。 繋がれば力に!》 ( 2016.9.14 )

    続きを読む

  • 千葉親子
    元会津坂下町議会議員

    放射能被害の根源は、健康被害からです。避難をするのも、故郷を追われ、戻る事もできないのも、命と直結する農林漁業も営まれなくなる事もみんな健康が脅かされるからです。小さい子どもほど放射能の影響は受け易く・・・ ( 2016.9.14 )

    続きを読む

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行