3・11甲状腺がん子ども基金3・11甲状腺がん子ども基金

呼びかけ

  • ピーターバラカン
    ブロードキャスター

    国民の安全を二の次にしてしまう政府に何かを期待するよりまず民間でことを進める以外ない。一人ひとりの子どもをできるだけ助けること、そして再びタブーになりつつある原子力発電の危険について多くの人に知っても・・・ ( 2016.9.14 )

    続きを読む

  • 黒田洋一郎
    環境脳神経科学情報センター代表

    甲状腺ガンの子どもたちを支援することは、まず第一で肝心なことです。しかし甲状腺ガンは放射性ヨードの被曝が中心で、比較的早期に発症するため医学的データが出て来たのですが、「氷山の一角」と思われます。放射・・・ ( 2016.9.14 )

    続きを読む

  • 水戸喜世子
    「子ども脱被ばく裁判」を支える会・西日本

    貧しさゆえに、親がわが子を泣く泣く売った時代はあった。 無知と無関心と日常の欲望にかまけて、わが子から成長ホルモンを作り続けてくれる「甲状腺」を メスで無惨に切り取ってしまう親がこれまでの時代に存在・・・ ( 2016.9.14 )

    続きを読む

  • 前田佳子
    公益社団法人 日本女医会 会長

    2011年3月11日金曜日の午後、都内の職場のビルが大きく揺れ、壁にヒビが入り、電車が止まって帰れなかったあの日、福島ではチェルノブイリより甚大な事故がおこっていました。テレビの向こうで崩れゆく原発の・・・ ( 2017.7.18 )

    続きを読む

  • 森まゆみ
    作家、エッセイスト

    宮城県丸森町が先祖の土地である私は、福島県はもちろんですが、宮城県南部で暮らす子どもの健康が心配です。すべての子どもはどんな理由でも死んじゃいけない人たちです ( 2016.9.14 )

    続きを読む

  • 亀山ののこ
    写真家

    3.11後に小児甲状腺がんになってしまった子どもたちの数は、それまでの数十倍とも言われています。 私は原発事故と関係があると思っています。 がんになってしまい、手術や治療を続ける子どもたち、一人ひ・・・ ( 2016.11.10 )

    続きを読む

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行