3・11甲状腺がん子ども基金3・11甲状腺がん子ども基金

呼びかけ

  • 永田浩三
    武蔵大学

    これまでも被ばくの被害者は何重にも苦しんできました。ご自身の心身への影響だけでなく、社会的な無理解や誤解、そして差別。そうしたことを福島でこれ以上拡大させてはなりません。どうか基金へのご支援をお願いい・・・ ( 2016.9.14 )

    続きを読む

  • 鎌田慧
    ルポライター

    すべての原発と核施設の廃絶が、私たちの希望であり、運動のテーマである。 しかし、そればかりではなく、核汚染地住民の生活及び健康支援も重大な課題である。とりわけ、甲状腺がんの子どもたちへの責任は大きい・・・ ( 2016.9.14 )

    続きを読む

  • 想田和弘
    映画監督

    甲状腺癌増加の原因が原発事故なのかどうかについては、専門家の間でも意見が割れていて、事故の影響を小さく見積もりたい人たちと、大きく見積もる人たちとの間で争いが続いています。   しかし200人近い子・・・ ( 2016.9.14 )

    続きを読む

  • female-user

    福武公子
    弁護士・原発被害救済千葉県弁護団

    政府は2017年3月には帰還困難区域を除いて避難指示を解除し、その1年後には補償を打ち切る「帰還促進政策」を進めています。線引きの基準は年20ミリシーベルト。事故後6年でもこの高さ!! 親は子どもの健・・・ ( 2016.9.14 )

    続きを読む

  • 大脇雅子
    弁護士

    甲状腺がんの子どもたちの支援と東電福島原発事故における住民の健康被害状況の調査は、原発の仕事に従事する労働者の状況改善とともに最も根源的、かつ緊急の課題だと思います。人が人として生きるための連帯として・・・ ( 2016.9.14 )

    続きを読む

  • 前田佳子
    公益社団法人 日本女医会 会長

    2011年3月11日金曜日の午後、都内の職場のビルが大きく揺れ、壁にヒビが入り、電車が止まって帰れなかったあの日、福島ではチェルノブイリより甚大な事故がおこっていました。テレビの向こうで崩れゆく原発の・・・ ( 2017.7.18 )

    続きを読む

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行