子どもたちの
未来のために。

資料請求
資料請求

通院にかかる交通費の助成等もおこなっています。

3・11甲状腺がん子ども基金 ロゴイメージ

3・11 甲状腺がん子ども基金手のひらサポートとは?

東京電力福島第一原発事故以降に甲状腺がんと診断された、
事故当時18歳以下の方に療養費を給付しています。
治療だけでなく暮らしの中で必要なものにお役立てください。

一人ひとりの未来に、
私たちでできるサポートを

2011年3月、東京電力福島第一原子力発電所の
事故により放射性物質が放出されました。

  • 甲状腺イメージ 甲状腺イメージ

    チェルノブイリ原発事故で子どもの甲状腺がんが増えた経験から、
    福島県では、子どもたちの甲状腺の状態を把握し、
    健康を長期的に見守ることを目的に、
    事故当時18歳以下で福島県にいた38万人を対象に
    甲状腺検査がおこなわれています。

  • 甲状腺がんイメージ 甲状腺がんイメージ

    これまで福島県県民健康調査で
    甲状腺がんと診断された人は、
    200人を超えています。

  • 放射性ヨウ素拡散シミュレーション図 放射性ヨウ素拡散シミュレーション図

    3・11甲状腺がん子ども基金は、
    国の研究機関が発表した
    放射性ヨウ素拡散シミュレーション図に基づいて

  • >3・11甲状腺がん子ども基金ロゴイメージ >3・11甲状腺がん子ども基金ロゴイメージ

    福島県を含む1都15県で甲状腺がんと診断された人に
    療養費を給付しているほか、
    1人ひとりの不安や悩みにこたえられる
    サポートをめざし、活動しています。

療養費給付対象者は?

甲状腺がんと診断された方のうち、
原発事故当時(2011年3月)18歳以下で下記の1都15県に居住されていた方

対象の都県

対象の都県 地図
  • 秋田県
  • 岩手県
  • 山形県
  • 宮城県
  • 福島県
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
  • 新潟県
  • 長野県
  • 山梨県
  • 静岡県

給付内容は?

基本給付

甲状腺がんと診断された方

10万円

追加給付

再発・転移等による
再手術を受けた方

10万円

アイソトープ治療を
受けた方

10万円

アイソトープ治療
複数回の方

2回目以降
1回につき

5万円

通院にかかる交通費の助成等も
おこなっています。

給付実績

給付実績 地図 給付実績 地図

手のひらサポートの給付を受けた方

福島県101人 その他52人 計153人 福島県101人 その他52人 計153人

2019年12月末現在

みなさまのご支援を
お待ちしております

NPO法人 3・11甲状腺がん子ども基金では、
福島原発事故以降に甲状腺がんを発症した子どもたちを
支援するために、広くご寄付を募っています。
療養費給付事業「手のひらサポート」をはじめ
情報を届ける、相談を受ける、などの事業は、
すべて皆さまの寄付金に支えられています。
1人でも多くの子どもを支援するために、ぜひご協力ください。

支援について詳しく見る

NPO法人
3・11甲状腺がん子ども基金

〒160-0003 
東京都新宿区四谷本塩町4番15号
新井ビル3階
tel:03-5369-6630 
tel:0120-966-544(申請専用)