3・11甲状腺がん子ども基金3・11甲状腺がん子ども基金

呼びかけ

  • female-user

    福武公子
    弁護士・原発被害救済千葉県弁護団

    政府は2017年3月には帰還困難区域を除いて避難指示を解除し、その1年後には補償を打ち切る「帰還促進政策」を進めています。線引きの基準は年20ミリシーベルト。事故後6年でもこの高さ!! 親は子どもの健・・・ ( 2016.9.14 )

    続きを読む

  • 奥地圭子
    NPO法人東京シューレ理事長・東京シューレ葛飾中学校 校長

    子ども達が少しでも安心して成長できるように、子ども達を護る大人として、できる限りのことをしていきたいと思います。 東京シューレの子ども達は、30年前チェルノブイリの報道におどろき、高木さんを講師にお・・・ ( 2016.9.14 )

    続きを読む

  • 想田和弘
    映画監督

    甲状腺癌増加の原因が原発事故なのかどうかについては、専門家の間でも意見が割れていて、事故の影響を小さく見積もりたい人たちと、大きく見積もる人たちとの間で争いが続いています。   しかし200人近い子・・・ ( 2016.9.14 )

    続きを読む

  • 片岡輝美
    会津放射能情報センター、子ども脱被ばく裁判共同代表

    いのちを守り育むためには、事実を知る力と真実を見抜く力、そして本当に重要なことを見分ける力が必要です。しかし、これはひとりではできないこと。多くの心と知恵と思いを重ね、いのちを守る行動を起こしましょう・・・ ( 2016.9.14 )

    続きを読む

  • 守田敏也
    フリーライター

    子どもたちの甲状腺がんの多発は間違いなく福島原発事故のせいです。被害は福島を越えてより広域に広がっている可能性が高い。大人にもです。もはや猶予はありません。命を守るために共に行動しましょう! ( 2016.9.14 )

    続きを読む

  • 水戸喜世子
    「子ども脱被ばく裁判」を支える会・西日本

    貧しさゆえに、親がわが子を泣く泣く売った時代はあった。 無知と無関心と日常の欲望にかまけて、わが子から成長ホルモンを作り続けてくれる「甲状腺」を メスで無惨に切り取ってしまう親がこれまでの時代に存在・・・ ( 2016.9.14 )

    続きを読む

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行