3・11甲状腺がん子ども基金3・11甲状腺がん子ども基金

呼びかけ

  • 水戸喜世子
    「子ども脱被ばく裁判」を支える会・西日本

    貧しさゆえに、親がわが子を泣く泣く売った時代はあった。 無知と無関心と日常の欲望にかまけて、わが子から成長ホルモンを作り続けてくれる「甲状腺」を メスで無惨に切り取ってしまう親がこれまでの時代に存在・・・ ( 2016.9.14 )

    続きを読む

  • ピーターバラカン
    ブロードキャスター

    国民の安全を二の次にしてしまう政府に何かを期待するよりまず民間でことを進める以外ない。一人ひとりの子どもをできるだけ助けること、そして再びタブーになりつつある原子力発電の危険について多くの人に知っても・・・ ( 2016.9.14 )

    続きを読む

  • 大脇雅子
    弁護士

    甲状腺がんの子どもたちの支援と東電福島原発事故における住民の健康被害状況の調査は、原発の仕事に従事する労働者の状況改善とともに最も根源的、かつ緊急の課題だと思います。人が人として生きるための連帯として・・・ ( 2016.9.14 )

    続きを読む

  • 星川淳
    作家・翻訳家、一般社団法人アクト・ビヨンド・トラスト代表理事

    東電1F事故は、日本の公共政策が、子どもたちを集団疎開させた戦中より後退していることを露呈した。避難や保養を含め実効性ある被ばく防護は、破綻状態の旧ソ連当事国のほうが真剣だった。可能な一歩、一手を重ね・・・ ( 2016.9.14 )

    続きを読む

  • 井戸謙一
    弁護士

    100万人中、年1~2人しか発生しないはずの小児甲状腺がんが福島県だけで172人も確認されています。この子たちのがんの原因は90パーセント以上の確率で被ばくであり、その損害は、国や東京電力によって手厚・・・ ( 2016.9.14 )

    続きを読む

  • 前田佳子
    公益社団法人 日本女医会 会長

    2011年3月11日金曜日の午後、都内の職場のビルが大きく揺れ、壁にヒビが入り、電車が止まって帰れなかったあの日、福島ではチェルノブイリより甚大な事故がおこっていました。テレビの向こうで崩れゆく原発の・・・ ( 2017.7.18 )

    続きを読む

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行